2017年1月

リスクを少しでも回避して行うクレジットカード現金化について

リスクを少しでも回避して行うクレジットカード現金化について

(公開: 2017年1月12日 (木))

クレジットカードのショッピング枠で購入した商品を売却して現金を得る行為のことを、クレジットカード現金化といいます。
自分で商品の売買を行って現金を得る方法と現金化業者に依頼して行う方法がありますが、自分で行う場合にはカード利用停止になるリスクがあります。
ショッピング枠で購入した商品はカード会社に代金を完済するまで、カード会社に所有権があります。
したがって転売目的でクレジットカードを使って商品を購入することを禁止しているカード会社が多く、カード会社は換金率が高い商品を把握しています。
商品券やゲーム機やブランド品などをクレジットカードでまとめ買いすると、カード会社からの監視が厳しくなって転売を疑われるようになります。
一方、クレジットカード現金化を業者を通して行う場合はカード利用停止になるリスクが低いです。
現金化業者は古物営業の許可を得ていて、カード決済代行会社の役割を果たします。
現金化業者に依頼する場合は、各種手数料がかかって最終的な換金率が70~80%程度になります。
ただし自分で現金化を行うときのような手間がかからず、確実に一定額の現金を得ることができます。
ただし、稀に悪徳業者にあたるというリスクがあります。
個人情報を必要以上に聞き出す業者の場合は、個人情報が流出する可能性があるので気を付けた方が良いです。
即日で換金率80%程度の現金を得ることができて、土日祝日も対応している業者を選ぶと安心できます。
業者のホームページを見ると様々なことがわかるので、業者を選ぶうえで参考になります。

業者を比較する際はこちらを参考に:ネオギフトの評判はこちら