フィーチャーフォンを求む!

私は携帯電話を利用し始めて約十年になります。
最初は通話とメールと軽いインターネットぐらいしか使ってなかったと思います。
インターネット利用と言っても主にパソコンでしたし、携帯電話では着信メロディと待受画像を探してダウンロードする程度でした。
年数が経つにつれ機能もデザインも進化していったなあと感じています。
その流れの中で私の使い方や求めるものも変わっていきました。
調べものをしたり、ブログを書いたり、写真を撮ったりなど今となっては生活に欠かせない相方になっています。
とは言っても、依存しない使い方がベストなんですけどね。
ここ二~三年で不満に思うことが増えてきました。
docomoやauやソフトバンクなど各キャリアに関係なく、全体に共通して思う事は、フィーチャーフォンを出してほしいということです。
フィーチャーフォンというのは普通の携帯電話のことです。
一般的にはガラケーやガラパゴス携帯と呼ばれることが多いと思います。
先進国の中で日本はスマートフォンの普及率が低いと言われていますが、日本のフィーチャーフォンが超優良品だからだと考えられます。
それなのに新機種はスマートフォンばかり売り出されます。
サービスもスマートフォンに流れています。
これは私を含む世のフィーチャーフォンユーザーにとって大問題です。
日本のすばらしい技術がひとつになったフィーチャーフォンは、もっと進化して製造されるべきです。
進化の結果がスマートフォンではありません。
各キャリアはフィーチャーフォンを望む声を聞いてほしいです。
詳細は→キャッシングおまとめ教室※ローンを一本化!審査に通過する方法に詳しく紹介中です。